イノベーションの能力は生まれつきのものか【4/8 更新】

Author: MPN_Japan TechNet Blogs

(この記事は2018 年1月10日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Are innovators born or made?  の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)

ダーウィンがガラパゴスゾウガメからヒントを得た「進化論」を初めて発表して以来、「生まれつきの才能と育つ環境はどちらが重要か」という議論が盛んになされてきました。進化論の発表から 150 年以上がたった今、その議論は企業文化にまで影響を及ぼしています。たとえば、英国の実業家リチャード・ブランソン氏や米国の起業家イーロン・マスク氏、米国のテレビ司会者オプラ・ウィンフリー氏の才能は天性のものなのでしょうか。それとも、後天的に身に付けたものなのでしょうか。今回はその両方の説を検討し、イノベーターに創造力を発揮してもらうにはどうすればよいのか、その力を 1 つに結集するうえで共同作業がどのような役割を果たすのかについて考えてみましょう。

先天的な要因

Forbes の記事 (英語) によると、イノベーターには生まれつきいくつかの特徴があります。

  • 人と違うことをする。イノベーターの考え方や行動は常識とは異なり、従来の規範に一石を投じるような環境や職場を作り出していきます。
  • リスクを楽しむ。従来どおりの方法や手っ取り早い方法は、イノベーターの目には入りません。多少リスクが大きくなっても、あえて複雑なソリューションを選ぶのがイノベーターです。
  • 変化とスピードが DNA に組み込まれている。イノベーターは決して現状に満足しません。何かを達成すれば、すぐに新しい目標を見つけます。スタートアップ企業が増え、市場シェアを争っているときには、その傾向が顕著になります。結果として、イノベーターは変化の波に上手に乗り、自分のアイデアの向かい風になる力を巧みにいなすことができます。

後天的な要因

イノベーションは一筋縄では成し遂げられません。リーダーは、次のような習慣を身に付けるための投資がどれほど重要か、理解しておく必要があります。

  • 集団意識を欠かさない。個人がすばらしいアイデアを持っていたとしても、全体が協力しなければそれを実現することはできません。イノベーターのスキルは、未来志向のチームの中で磨かれます。
  • 権力を捨て、全体の利益に尽くす。企業の中心でリーダーシップを発揮し、従業員の創造力を伸ばしてキャリア開発を後押しする人こそが、最高のイノベーターです。
  • すべての意見を尊重する。難しい問題に対するソリューションは、異なる複数の視点の中から生まれます。イノベーターは活発で生産性の高い議論が行われるようにリードし、成果を重視する企業文化を育みます。

結論: イノベーションの力はだれもが獲得できるもの

運動や健康的な食習慣を維持するのと同じように、創造力を鍛えるにも努力が必要です。Fortune の記事 (英語) によると、組織のアイデア創出を助けるコンサルタントのトッド・ヘンリー氏は、自身のクライアントに週 1 時間、座って考える時間を作るように勧めています。何物にも制限されずに思考を羽ばたかせることで、新たな発見にたどり着けるのだそうです。イノベーターが生まれ持った直感と環境要因とを組み合わせ、競争の中で差別化を図る方法として、これはすばらしい例と言えるでしょう。考える時間を作れば、イノベーターに生まれつき備わった「新しいものを生み出したい」という欲求に火を付けられます。

すべてのイノベーターに支援を

イノベーションへの意欲が湧いてきましたか? 方法がわかったら、後は目標に向かっていくためのプラットフォームを用意するだけです。マイクロソフトは世界中のパートナー様と連携して、皆様が革新的な製品を適切なユーザーに届けられるようお手伝いしています。私たちのミッションは、パートナー様とその顧客の皆様が共にビジネスの成長を実現するのをご支援することです。詳細については、マイクロソフト パートナー ネットワークの Web サイトをご覧ください。

イノベーションの能力は生まれつきのものか【4/8 更新】 ultima modifica: 2018-04-08T20:01:28+00:00 da admin

Lascia un commento

Il tuo indirizzo email non sarà pubblicato. I campi obbligatori sono contrassegnati *

Aggiungi una immagine